ビルトインのガスコンロの便利な機能

料理などに使うガスコンロは、生活に欠かせない生活設備であり、使用頻度も高いものです。火を使わないと言う安心から電気式のIHクッキングヒーターを選択される場合もあります。でも、土鍋が使えることや火力の強さを考えるとガスコンロの方が便利です。日頃使い慣れたガスコンロでも、ちょっとした使い勝手の違いにより便利さが大きく変わってきます。また、現在では安全面も向上しています。規制により現在販売されるものには、異常温度による火事を防ぐための安全機構の設置が義務付けられています。いままでは、ガスに点火して設定した火力を維持するだけで十分と思われていました。最新のビルトイン型ガスコンロは、細かな温度設定や簡単にお手入れができる天板など便利な機能がいろいろ付いています。

安全性と便利さを追求した温度設定機能

ガスコンロを使うときは、ガスを出して点火し、火の調整をするのが普通でした。最新のガスコンロには、温度設定と言う便利な機能がついています。現在販売されているガスコンロは温度を監視できるSiセンサーと呼ばれる安全機構が必ずついています。鍋が高温になった時にストップするためのものです。温度設定は、その温度監視機能を利用して火加減を自動で調整する機能です。例えば揚げ物をする時に、上手に揚げるには素材に合わせて温度を調整する必要があります。そんな時、10℃刻みで温度を設定することができます。あとはコンロが自動で火加減を調整します。また、グリルでも同じ機能を使うことができます。切り身の魚と干物の魚では水分量が違うので火加減が変わります。それをボタン一つで自動調整してくれます。

かんたん掃除でいつでもきれいな天板

ビルトイン型のガスコンロの利点はキッチンと一体化した外観です。従来のビルトイン型は一段下がったトレイのような形状をした天板でした。まわりに吹きこぼれなどを広げない効果があります。汚れが広がることがないので掃除はある程度時間を置いてからになります。見た目が良くないのは当然ですが、たまった汚れに引火するおそれもあります。最新の天板は、ガラスや強化ホーローコーティングなどのフラットタイプが主流です。飛びちりや吹きこぼれなどはさっと拭き取るだけできれいになります。汚れをためておくことがないので衛生面でも安全面でも安心です。鍋を受けるごとくもステンレス製の取り外しが簡単なものが付いています。掃除の時にも気軽に外せて、汚れもこびりつきにくい特徴があります。